見えない・目立たない矯正

見えない裏側矯正・目立たない透明な矯正

矯正治療を行う上でやはり多くの方が気にされるのは、装置の見た目です。
特に、大人になってから治療を行う場合、仕事や催事などで人前に出ることも多くなるため、見た目には余計に気を遣うことが多くなります。

歯ならびは美しくしたいが、装置は恥ずかしいという方には、見えない矯正、または、目立たない矯正をおすすめしています。

見えない裏側矯正とは

見えない矯正は、裏側矯正・舌側矯正・リンガル矯正とも呼ばれます。
一般的に歯の表側に装着する装置を、歯の裏側につけて「矯正治療をしていることが全く見えない」ように治療を行う方法をいいます。

見えない裏側矯正のメリット

見えない矯正のメリットは、装置が完全に見えなくなることです。治療期間中、患者様は装置を気にせず、笑顔を保つことができます。

見えない裏側矯正のデメリット

  • 発音がしにくい

    装置の装着後、一時的に話しづらかったりすることがありますが、一過性のものですので、1〜2週間で慣れてしまう方がほとんどです。

  • 食事がしにくい

    噛みこんだ時に装置に当たる場合外れてしまうため、咬みあわせを挙上(奥歯の高さを挙げて前歯の装置が当たらなくすること)しなければならず、咬みにくくなります。

  • 歯みがきがむずかしい

    見えない状態で歯みがきせざるを得ません。

  • 費用が高額になってしまうこと

    裏側矯正では、専用の装置を使用することと、それを扱う特殊な技術が必要で作業が複雑になってしまうため、どうしても通常の矯正よりも費用が高額になってしまいます。

見えない裏側矯正の装置いろいろ

当院では、見えない矯正治療装置も導入しています。

従来の裏側矯正 STBリンガル
(超小型装置)
ClippyL
(低摩擦装置)
舌触り×
発音のしやすさ×
痛み
治療期間×

当院では、経験豊富なドクターが表側の矯正と同様に、治療を進めていきます。
他の医院でご相談された方でも、一度カウンセリングにお越しください。

目立たない透明な矯正とは

目立たない矯正は、従来の金属製のブラケットではなく、透明なブラケットや、白いワイヤーを使った矯正治療のことです。少しでも目立たなくしたいという工夫から、いろいろな装置が出ています。

  • ホワイトコーティングワイヤー
    色が白いと目立ちません

  • セラミックブラケット
    透明なので目立ちません

  • デイモンクリアー
    治療期間が短く痛みも少ない

裏側矯正の約2/3の金額で治療が可能

目立たない矯正は裏側矯正と比べてかなりリーズナブルになっています。歯の裏側につける装置だとどうしても違和感がありそうな場合や、目立たないように、そして費用を抑えたい方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

医院には実物の模型も数多く取り揃えておりますので、装置の違いを是非お手にとって確かめて見て下さい。

よくある質問

  • 裏側矯正って、その分時間がかかるんですか?

    治療期間は通常の矯正治療より長くなることがあります。はじめからすべての歯に装置がつけられないことがあるからです。時間がかかりそうなイメージがしますが、しっかりと技術を持った歯科医師が診察にあたりますので、通常の矯正と同じ治療結果が期待できます。ただし、症例によっては治療期間が短くなる場合もあります。

  • 裏側矯正は、やはり費用が高く感じてしまいます・・・

    外から目立つ上の歯には裏側矯正、目立たない下の歯には表側矯正にする、ハーフリンガル(半分だけ裏側)といった矯正治療もご用意しておりますので、ご相談下さい。

Site Map

- 大人と子どものための歯科矯正スタジオ -
医療法人社団 かわばた矯正歯科

兵庫県尼崎市潮江1-4-3 シティハイツ 尼崎駅前1F
TEL : 06-4960-2233 FAX : 06-4960-2234