ムーシールド

ムーシールド(小さいお子様向け受け口の改善)

受け口の原因として、幼少期の舌の位置と力が関係していることがわかっており、無意識のうちに舌で下のあごを前で押すことにより、下のあごが前方へと成長し、受け口と呼ばれる状態になることがあります。

対象は幼少期のお子さんです

小さいお子様の受け口をそのままにしておくと、下あごの骨が過成長しやすい状態が続き、将来的な顔貌にまで影響をおよぼすことがあります。そのままの状態で成長してしまうと、治療の選択肢が少なくなるうえに、治療も難しくなります。中には将来、外科的な処置でしか対応出来ない場合も出てきます。

ムーシールドは、寝ている間だけマウスピース状のものを口の中にはめておくという負担の少ない治療で、幼少期(3~6歳)のお子さんで治療が可能です。

よくある質問

  • 娘の発音が気になるのですが、ムーシールドで発音は治りますか?

    改善の見込みはあります。そもそも、受け口が原因で発音に問題が出ているのであれば、ムーシールドを使用することで改善につながるでしょう。

  • 異物感からか、寝ている間に無意識で外してしまっているようです・・・

    初めは違和感があると思いますが、一ヶ月もすれば慣れてくるでしょう。寝ている時だけではなく、起きている時にもはめるように心がけ、少しずつ慣らしていきましょう。

Site Map

- 大人と子どものための歯科矯正スタジオ -
医療法人社団 かわばた矯正歯科

兵庫県尼崎市潮江1-4-3 シティハイツ 尼崎駅前1F
TEL : 06-4960-2233 FAX : 06-4960-2234